ユーザー事例 :スウェーデン アルヴィーカ自治体

スウェーデンのアルヴィーカ自治体がYubiKeyでセキュリティを強化、教育分野のDXを推進

原題:Arvika Municipality enhances security and undergoes digital transformation in Education with YubiKeys

Yubicoのお客様であるアルヴィーカ自治体について

アルヴィーカ自治体は、スウェーデン中西部のヴェルムランド地方にある自治体です。教育分野のDX推進に伴い、アルヴィーカ自治体は45以上の学校と幼稚園に在籍する900人以上の教師とスタッフの働き方を変える必要がありました。様々な年齢層からなる4000人以上の生徒を抱えるデジタル教育分野において、どのようなケースにも対応し得るセキュリティソリューションをアルヴィーカでは必要としていました。

また生徒に関する機微情報を保護するため、最高レベルの情報セキュリティをも必要としていました。

時を同じくして、リモート授業による教育を受ける生徒が増加傾向にあり、これに伴って機微情報が日々クラウド上に保存されるようになりました。

課題

すべての教師とスタッフに対し、多くの前提知識やトレーニングを必要とせずに使えるソリューションが必要であるとアルヴィーカ自治体では考えていました。

情報セキュリティの標準仕様に準拠し、政府機関のガイドラインに沿うものであり、データアクセスを厳密かつ完全にコントロールできるソリューションであることが理想でした。

またセキュリティの導入にあたり、アルヴィーカのスタッフが多数のシステム基盤での作業を必要としないよう、システムを単一に集約することも重要であると考えていました。

“使いやすいIT環境を実現しつつ、教師とスタッフに幅広く適用できる セキュリティであることが課題でした。”

アルヴィーカ自治体 ITストラテジスト Mats Liljedahl、Niklas Nord

解決策

アルヴィーカ自治体ではGoogleワークスペースとYubiKeyを組み合わせ、YubiKeyの強力な多要素認証により保護された、使いやすいクラウド環境を構築することができました。

Yubico社認定リセラーやGoogle認定パートナーであるOnline Partnerとともに、アルヴィーカ自治体はより安全なクラウド環境の道を歩んでいます。

アルヴィーカ自治体は、政府機関の要求やガイドラインに準拠するため、情報セキュリティや関連法規に関して、クラウドベースのプラットフォームの徹底したリスク評価を実施しました。その結果、Google Workspaceの提供するセキュリティレベルは、自身で構築・管理可能なレベルを大きく上回るとの結論に達しました。そして YubiKeyの特徴である強固なセキュリティは、フィッシングなどのアカウント乗っ取りを未然に防ぐことができます。

クラウドベースの環境への移行に関して、認証やセキュリティに不安を感じていた教員からも、この導入で高い満足度を得ることができました。

結果

・450名以上の教師とスタッフがYubiKeyによる二要素認証を利用し、最高レベルのデータおよび情報セキュリティ を実現、今後さらに450名以上の登録が予定されています。

・使い勝手がよく、セキュリティも高いため、スタッフから高い満足度を得ています。安心して機微情報をクラウドで利用できることにより、以前より生産性の高い業務ができるようになりました。

・煩雑な処理や不便なツールに煩わされることがないため、教師やスタッフは品質の高い教育を行うことに集中することができるようになりました。

・単一プラットフォーム化することで、コストパフォーマンスの高いクラウド、セキュリティ、強力な認証を併せて構築することができました。

・高額なスマートフォンをスタッフに配布するようなコストのかかる方式をYubiKeyで排除し、いつでも、どこからでも、 強力な認証を行えるようになったことで、生産性の高いシステムを構築することができました。

“攻撃を難しくすることだけでなく、その手段を簡単なものにするべきだ。”

アルヴィーカ自治体 ITストラテジスト Mats Liljedahl、Niklas Nord

お問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりなど お気軽にお問い合わせください。

 プラットフォームソリューション事業部門
 ITプロダクト&サービス事業本部
 セキュリティプロダクト部

Let's share this post!